海外FXとXM|私自身は重点的にデイトレードで取り引きを継続していましたが…。

FX口座開設ランキング

私自身は重点的にデイトレードで取り引きを継続していましたが、ここ1年くらい前からは、より収益があがるスイングトレード手法で取り引きを行なうようになりました。
デイトレードとは、スキャルピングの売りと買いのスパンをいくらか長めにしたもので、現実の上では2~3時間から24時間以内に決済を終えてしまうトレードだと解釈されています。
FXをやる時に、我が国以外の通貨を日本円で買いますと、金利差に見合ったスワップポイントが与えられることになりますが、高い金利設定の通貨で低い通貨を買うといったケースでは、裏腹にスワップポイントを徴収されるというわけです。
FX口座開設の申し込みを終え、審査にパスすれば「IDとPW」が郵便を使って送り届けられるというのが一般的な流れですが、いくつかのFX会社は電話を通して「内容確認」を行ないます。
FX関連用語であるポジションとは、所定の証拠金を納めて、南アフリカ・ランド/円などの通貨ペアを売り買いすることを指すわけです。ついでに言うと、外貨預金には「ポジション」というコンセプトは存在しません。

トレンドがはっきり出ている時間帯を意識して、その機を逃さず順張りするのがトレードにおける一番肝になる部分ではないでしょうか?デイトレードのみならず、「機を見る」「自分が得意な相場の時だけ勝負する」というのは、どんなトレード法で行なうにしても非常に大切なのです。
「デモトレードを繰り返し行なっても、実際に痛手を被ることがないので、精神面での経験を積むことが非常に難しい!」、「ご自身のお金で売買してこそ、初めて経験が積めると言えるのだ!」という考え方をする人もあります。
スイングトレードで収益を手にするためには、それなりの売買の仕方があるわけですが、当然スイングトレードの基本がわかっていることが前提です。差し当たりスイングトレードの基本を修得してください。
同一国の通貨であったとしても、FX会社が異なれば付与してもらえるスワップポイントは異なるのが普通だと言えます。専門サイトなどできちんと比較検討して、できる限り高いポイントを提供してくれる会社を選ぶようにしてください。
5000米ドルを購入して保持したままでいる状態のことを、「5000米ドルの買いポジションを持っている」と言います。当然のことですがドル高へと進展した時には、売却して利益を確保しなければなりません。

その日の内で、為替が大幅に変わるチャンスを捉えて取引するのがデイトレードです。スワップ収入狙いではなく、一日という時間のなかで取引を繰り返し、その都度小さな額でもいいので儲けを積み重ねるというトレード方法です。
デイトレードとは、完全に1日ポジションを継続するというトレードを指すわけではなく、実際はNY市場がクローズする前に決済を終えてしまうというトレードを指します。
FX会社が得る収益はスプレッドを設定しているからなのですが、例えば南アフリカ・ランドと日本円を取り引きする場合、FX会社はお客さんに対して、その外国通貨の買いと売りの為替レートを適用し、その差額を手数料とするのです。
FXにおきましては、「外貨を売る」という状態から取引を始動させることも可能なのですが、このように外貨を所有しないで「外貨を売却したままの状態」のことも、「ポジションを持っている」ということになるのです。
システムトレードに関しましても、新規に「買い」を入れるという際に、証拠金余力が最低証拠金の額未満の場合は、新たに取り引きすることはできない決まりです。

人気の海外FXランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする