2018年06月一覧

NO IMAGE

FXに取り組む上で…。

FXに取り組む上で、日本国以外の通貨を日本円で買うと、金利差によるスワップポイントが与えられることになりますが、高金利の通貨で低い通貨を買うといった時は、逆にスワップポイントを支払う必要が出てくるわけです。トレードのやり方として、「上下いずれかの方向に値が振れる僅か数秒から数十秒という時間内に、小額でも構わないから利益を何が何でも稼ごう」というのがスキャルピングというトレード法というわけです。FXに関しましては、「外貨を売る」ということから取引を始動することも可能なのですが、このように外貨を所有することなく「外貨を売却している状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われます。FXのことを...

NO IMAGE

スプレッドと呼ばれているものは…。

FX取引につきましては、「てこ」の原理と同じように負担にならない程度の証拠金で、その額の25倍までの取り引きが可能だというルールがあり、証拠金と現実の取り引き金額の比率を「レバレッジ」と呼んでいるのです。スイングトレードの強みは、「いつもPCの前に居座ったままで、為替レートを注視しなくて良い」というところだと思います。忙しないことが嫌いな人に最適なトレード方法だと考えています。スプレッドと呼ばれているものは、FX会社によって異なっており、あなたがFXで利益を得るためには、売買する際の価格差が僅少なほどお得ですから、これを考慮しつつFX会社を選抜することが大事なのです。「デモトレードを何度やろう...

NO IMAGE

XMtrading|スイングトレードで儲けを出すためには…。

スワップと申しますのは、売買対象となる2国間の金利の違いから得ることが可能な利益のことです。金額から見れば大きくはありませんが、毎日毎日貰えることになっていますので、非常にうれしい利益だと感じています。FX取引の中で耳にすることになるスワップというのは、外貨預金でも提示されている「金利」に近いものです。とは言っても丸っきし異なる部分があり、この「金利」は「貰うこともあれば支払うことが必要な時もある」のです。利益を出す為には、為替レートが最初に注文した時のレートよりも有利になるまで何もすることができません。この状態を「ポジションを保有する」と言い表わすのです。レバレッジというのは、納入した証拠金...

NO IMAGE

スキャルピングと申しますのは…。

為替の動きを類推する為に必要なのが、ファンダメンタル分析とテクニカル分析ですが、より重要なのは「チャートの移り変わりを重視して、直近の値動きを類推する」テクニカル分析だと言っていいでしょう。スイングトレードで収益を得るには、それ相応の売買のやり方があるのですが、もちろんスイングトレードの基本がわかっていることが前提です。取り敢えずスイングトレードの基本をマスターすることを意識してください。トレードに取り組む1日の中で、為替が急激に変動する機会を狙って取引するのがデイトレードというわけです。スワップ収入を目的とするのではなく、1日の中でトレードを重ね、その都度小さな額でもいいので利益を得るという...

NO IMAGE

XMtrading|デイトレードで頑張ると言っても…。

スキャルピングトレード方法は、一般的には推定しやすい中・長期に及ぶ経済指標などは無視をして、互角の勝負を間髪入れずに、かつずっと繰り返すというようなものだと言えるでしょう。証拠金を振り込んで特定の通貨を購入し、そのまま所有し続けていることを「ポジションを持つ」と言うのです。それとは反対のパターンで、所有している通貨を売却することを「ポジションの解消」と言います。スキャルピングに関しては、数秒から数十秒の値動きを利用するものなので、値動きが顕著であることと、売買する回数が多くなるので、取引を行なうサイト経費が小さい通貨ペアをピックアップすることが大切だと言えます。デイトレードと申しますのは、一日...