2018年08月一覧

NO IMAGE

海外FXトレード比較|5000米ドルを買って持ち続けている状態のことを…。

売りと買いの両ポジションを同時に持つと、円高・円安のどちらに変動しても収益をあげることができるというわけですが、リスク管理の点から申しますと、2倍気配りをすることになるでしょう。買う時と売る時の価格に幾らかの違いを設けるスプレッドは、FX会社だけじゃなく銀行でも別名で設定されています。しかもびっくりすることに、その手数料がなんとFX会社の約200倍というところがかなりあります。スキャルピングとは、本当に短い時間で極少収益を確保していく超短期取引のことで、チャートあるいはテクニカル指標を分析しながらやり進めるというものなのです。5000米ドルを買って持ち続けている状態のことを、「5000米ドルの...

NO IMAGE

海外FXトレード比較|自動売買でも…。

儲けるには、為替レートが注文を入れた時のレートよりも良くなるまで待たざるを得ません。この状態を「ポジションを保有する」と言っています。レバレッジというのは、預けた証拠金を踏まえて、最高でその額の25倍の取り引きが許されるというシステムのことを指します。一例をあげると、50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけたとしますと、1000万円相当の取り引きができるというわけです。海外FXアカウント開設が済めば、本当に海外FXのトレードを開始しなくてもチャートなどを活用することができますから、「先ずもって海外FXの周辺知識を得たい」などとおっしゃる方も、開設すべきです。自動売買の一番の強みは、無駄な感情...

NO IMAGE

海外FXトレード比較|海外FX取引で出てくるスワップと申しますのは…。

テクニカル分析をする場合、やり方としては大きく分けて2種類あります。チャートにされた内容を「人間が分析する」というものと、「パソコンがオートマティックに分析する」というものになります。ポジションにつきましては、「買いポジション」と「売りポジション」の2つがありますが、このポジションと申しますのは、「売り」または「買い」をしたまま、決済しないでその状態をキープし続けている注文のことを言うのです。日本の銀行と比べて、海外の銀行の金利が高いという理由から、スワップ金利が与えられるというわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、海外FXをする時に獲得するスワップ金利になります。FX会社が...