2019年03月一覧

NO IMAGE

海外FXトレード比較|FXに取り組む際に…。

レバレッジと申しますのは、入れた証拠金を証に、最大その金額の25倍の「売り買い」が可能であるという仕組みを言うのです。仮に50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけるということにすると、1000万円の「売り買い」が可能になってしまうのです。スキャルピングとは、1分もかけないで薄利を獲得していく超短期トレードのことで、チャートあるいはテクニカル指標を頼りに売買をするというものなのです。スキャルピングという売買法は、どっちかと言えば推測しやすい中・長期の経済的な動向などは考えず、確率5割の戦いを瞬時に、かついつまでも継続するというようなものだと考えています。FX会社の多くが仮想通貨で売買するデモトレード(トレード練習)環境を整えています。ご自分のお金を費やさずにデモトレード(仮想トレード)が可能なので、取り敢えず体験した方が良いでしょう。FX口座開設につきましてはタダだという業者ばかりな...

NO IMAGE

海外FXトレード比較|為替の動きを予測するための手法として有名なのが…。

自動売買であっても、新規にトレードする際に、証拠金余力が必要となる証拠金額未満の場合は、新規に取り引きすることは不可能とされています。スキャルピングとは、少ない時間で数銭~数十銭といった収益を積み重ねていく超短期トレードのことで、チャートないしはテクニカル指標を頼りに行なうというものなのです。何種類かの自動売買をリサーチしてみますと、他の海外FXトレーダーが組み立てた、「キッチリと収益を出し続けている自動売買プログラム」を踏襲する形で自動的に売買が完結するようになっているものがたくさんあることが分かります。今日この頃は数々の海外FX会社があり、それぞれが独自のサービスを実施しております。そうしたサービスで海外FX会社を比較して、それぞれに見合う海外FX会社を選定することが必須ではないでしょうか?海外FXにおける取引は、「ポジションを建てる~決済する」を反復することです。それほどハードルが高...

NO IMAGE

海外FXトレード比較|我が国と比較して…。

自動売買に関しても、新規に売り買いするという時に、証拠金余力が必要とされる証拠金の額より下回っている状態では、新たに取り引きすることは許されていません。日計りトレードとは、丸々一日ポジションを維持するというトレードではなく、実際のところはNY市場がその日の取引を終える前に決済を完了させるというトレードのことを言っています。海外FX取り引きの中で使われるポジションというのは、所定の証拠金をアカウントに入れて、シンガポール・ドル/円などの通貨ペアを売買することを指すのです。余談ですが、外貨預金にはポジションという考え方は存在しておりません。海外FXアカウント開設が済めば、実際に「売り買い」を行なうことがなくてもチャートなどの閲覧はできますので、「何はさておき海外FXについていろいろ習得したい」などと言われる方も、開設した方が良いのではないでしょうか?海外FXが投資家の中で物凄い勢いで拡大した主...

NO IMAGE

海外FXトレード比較|海外FXに取り組むために…。

スキャルピングの進め方は幾つもありますが、総じてファンダメンタルズのことは置いといて、テクニカル指標のみを活用しているのです。レバレッジと申しますのは、納付した証拠金を元にして、最大でその金額の25倍の「売り・買い」ができるという仕組みを指します。例を挙げると、50万円の証拠金で20倍のレバレッジをかけたとしますと、1000万円というトレードが可能だというわけです。申し込みをする場合は、海外FX会社の公式Webサイトの海外FX口座開設ページ経由で20分位で完了すると思います。申込フォームへの入力が完了しましたら、必要書類をFAXやメールなどを利用して送付し審査結果が出るまで待つというわけです。テクニカル分析とは、為替の変動をチャートの形で記録し、更にはそのチャートを前提に、直近の値動きを予測するという手法になります。これは、売買のタイミングを知る際に有益です。海外FXに取り組むために、一先...

NO IMAGE

海外FXトレード比較|スイングトレードだとすれば…。

スキャルピングとは、極少時間で少ない利益を確保していく超短期トレードのことで、チャートであるとかテクニカル指標に基づいてやり進めるというものです。テクニカル分析を実施するという時のやり方としては、大きく類別して2通りあると言えます。チャートにされた内容を「人間が分析する」というものと、「分析プログラムが独自に分析する」というものになります。スイングトレードと申しますのは、トレードする当日のトレンドに大きく影響を受ける短期売買から見ると、「今迄相場がどのような動きを見せてきたか?」といった分析が大事になるトレード法だといっても過言ではありません。スキャルピングという方法は、相対的にイメージしやすい中長期の経済的な動向などは考えず、互角の戦いを随時に、かつ限りなく継続するというようなものだと言えるでしょう。スイングトレードだとすれば、いくら短期でも数日間、長い場合などは数ヶ月にも及ぶことになる...

NO IMAGE

海外FXトレード比較|海外FX会社を比較する時にチェックしなければならないのは…。

海外FX会社を比較する時にチェックしなければならないのは、取引条件です。海外FX会社それぞれで「スワップ金利」等の諸条件が違っているわけですから、あなた自身の売買スタイルに合致する海外FX会社を、念入りに比較の上選びましょう。スプレッドと呼ばれている“手数料”は、その辺の金融商品と比べてみても、驚くほど低額です。正直なところ、株式投資の場合は100万円以上の取り引きをしたら、1000円位は売買手数料を取られます。日本と比べて、海外の銀行の金利が高いということがあって、スワップ金利が付与されるというわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXに取り組むと付与してもらえるスワップ金利というわけです。MT4と申しますのは、かつてのファミコンなどの器具と同じで、本体にプログラムされたソフトを挿入することで、初めて海外FX取引を始めることが可能になるのです。スキャルピン...

NO IMAGE

海外FXトレード比較|スプレッド(≒手数料)については…。

我が国より海外の銀行金利の方が高いということから、スワップ金利が与えられるというわけです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差というものが、海外FXをする際に手にするスワップ金利というわけです。スプレッドと言われるのは外貨を売る時と買う時の価格差のことで、FX会社の収入になる売買手数料とも解釈できるものですが、海外FX会社毎に個別にスプレッド幅を導入しているのです。スキャルピングに関しては、短い時間の値動きを利用するということが前提ですから、値動きが一定水準以上あることと、売買回数がかなりの数になりますので、取引に必要なコストが少ない通貨ペアをターゲットにすることが重要になります。テクニカル分析の方法としては、大きく分けると2通りあると言うことができます。チャートとして描写された内容を「人が自分の頭で分析する」というものと、「分析専用プログラムが勝手に分析する」というものになります。...